トイレ水漏れを修理する場合

トイレの水漏れは、放置していても自然に治りません。

毎日必ず使用する場所ですし、水濡れ被害が出た場合は、その性質上、損害も大きくなります。トイレは実は消耗品です。一度、購入したら永久に使い続けられるわけではなく、内部の部品は劣化し交換や修理が必要になってきます。水を流した後にタンク内から、チョロチョロと水が流れ続ける場合や、タンク内の水が止まらないなどの時は、タンク内の部品の劣化が原因である事が多いです。軽微な水漏れは用具や部品を手配し、応急処置として自分で直す事が可能なケースもあります。

床とトイレの隙間から水漏れが発生している場合は、便器の取り外しが必要になる事もありますし、床材が腐ったりカビ、異臭などの二次被害も発生しますので、自分で修理するのではなく、修理業者に依頼をかける事をお勧めします。また便器のひび割れは、安全管理上の観点から便器交換をメーカーは推奨していますので、業者に依頼しても基本的に便器交換になります。

タンクや便器設置面だけでなく、ウォシュレット部分、パイプ接合部分、便器のひび割れ箇所、ホースなど様々な水漏れ箇所とそれぞれの原因があります。陶器の便器は長期間使用が可能ですが、内部部品は10年程度で劣化します。そして残念ですが、昔に使われていた同じ部品を、同じように購入できるとは限りません。類似部品の有無や水漏れ原因箇所の調査と対応も含めて、専門の修理業者に相談する方が安心なケースが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *