トイレが水漏れしたときの修理手順

トイレは毎日使う設備のため故障する確率が高く、その故障原因に挙げられるのが水漏れです。

水漏れ故障には便器から漏れるタイプと配管から漏れるタイプの2種類に分かれ、それぞれで修理の手順が違います。トイレの水漏れ修理をするうえで、双方ともに最初に行うことは被害を広げないためにトイレの水の流れを止めることから始まります。漏れた水をそのままにしておくと、カビやトイレに付着していた雑菌の繁殖を許し2次被害を起こすので雑巾と消毒液できれいに拭き取るのです。配管からの漏れの場合には、部品の劣化が原因で漏れている場合になります。

ホームセンターで代わりとなる部品を購入したら、工具を使って使って配管を取り外すのです。配管の取り外しが出来たら、ゴムパッキンなど劣化しやすい部品を交換して再び装着します。その後水の流れを再び開始して、漏れていなければ修理は完了です。便器からの漏れに関しては、まず感染症予防のためにゴム手袋を付けます。

そのうえでどこから漏れているのか確認し、ひび割れが原因で漏れているのであればホームセンターで接着剤があるので割れている部分に塗って乾くまで待ちます。完全に乾いたことを確認出来たら、同じように水を流してみて漏れなければ完了です。ただトイレ修理において注意してほしいのは、一般人が出来る範囲は部品交換と接着剤での修繕までが範囲です。これらの一連の行動を起こしても水漏れが治らない場合には、致命的な故障が起きていると考えられます。この場合は対処しきれないので、専門家に依頼して全設備の交換をすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *