トイレの水漏れ修理の方法

トイレの水漏れトラブルは、給水管やトイレの床、温水洗浄便座やトイレタンクなどがありますが、給水管の場合は比較的専門知識がなくても自分で修理しやすいといえます。

給水管からの水漏れは、止水栓やタンクとの接合部分から起こり、その原因はナットやパッキンの緩みが多いです。自分で修理する時の注意点ですが、修理を始める前にまずは床や階下への被害を防ぐために止水栓を止める必要があります。止水栓は、マイナスドライバーで右に回すことで止められます。うまく止まらない場合は、家の外にある元栓をしめれば止めることができます。

元栓をしめると、家中の水がストップするので家族に一言伝えておくと良いでしょう。次に接合部に付いているナットをモンキーレンチで左回しに緩めます。この時に、タンクの中のボールタップがズレることがあるので、誰かにボールタップを持ってもらうか、自分で支えながら行うことがコツになります。

ナットが緩んだらパッキンの交換ですが、パッキンはノギスでサイズを正確に測り同じ大きさのものをホームセンタなどで購入します。パッキンを交換したら、ナットを右回しに締めます。ナットを締める時は緩みがあると水漏れの原因となることがあるので、しっかりとしめておくことがポイントです。最後に止水栓を左回しに開けて終了です。この作業を行っても水漏れが改善しない場合は、他に原因がある可能性があるので水道会社に連絡をすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *