トイレの水漏れの修理で悪徳業者に騙されない方法

トイレで水漏れが起こったときは誰もが一刻も早い解決を望みます。

実は、この「早く修理したい気持ち」につけ込む悪徳業者が存在することをご存知ですか?日本では多くの水道業者が営業しています。しかしながら、全ての修理業者が真っ当に運営している訳ではありません。悲しいことに詐欺の被害に遭う人は少なくはないです。目の前の職人が信頼できるのか否かを確認するポイントは次の3つ。「見積もりを出さない」「水道局職員だと言い張る」「必要以上に大きな工事をしたがる」です。悪徳業者は言葉巧みに契約を勧めてきます。

見積もりを出さないことは明らかに不自然ですが、もっともらしい言い訳をしてくるので注意が必要です。水道職員は事前の連絡なく突然訪問するようなことはありません。大きな工事は判断基準が曖昧ですが、トイレや関係のないお風呂を丸々リフォームするような提案があるときは、まず警戒したほうが良いです。世の中には多くの優れた業者があります。少しでも怪しいと感じたら、相見積もりを取りたいなどの相談をしましょう。

相見積もりを嫌がる素振りがあれば、より怪しいことは明白です。トイレの水漏れが起こったときは慌てず、焦らず、信頼できる修理業者に依頼してください。気持ちに余裕がないと悪徳業者がつけ込む隙を与えることになりかねません。優れた業者に依頼するなら、上記の3点をまず確認することがポイントです。国民生活センターによると、水漏れなどからくる水道関係の被害相談は年々増加傾向にあり、被害者の半数は60代以降ということ。ポイントをしっかりと抑えて詐欺の被害から身を守りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *