トイレの水漏れを自分で修理する

トイレから水漏れしている場合、状態によっては自分で修理することも可能です。

自分で直すという場合はもちろん、直せるような状態でなく業者に依頼する場合も、まず、止水栓を閉めて水が流れないようにしましょう。壁や床からタンクに繋がってるパイプの途中に、蛇口のハンドルや回せそうな溝があるかと思います。それが止水栓です。トイレの水漏れを自分で修理する場合、トラブルが起こっている箇所を探さなければいけません。いつまでも便器内に水が流れているような状態は、タンク内にトラブルが起こっているケースが多いです。

タンク内には、ボールタップやゴムフロートなどといった部品が入っています。このような部品が正しい位置からずれていたり、劣化するなどしていると水が漏れる原因となるようです。ボールタップやゴムフロートは、道具さえ揃えれば自分で交換することもできます。ゴムフロートの劣化によるトイレの水漏れ修理なら、新しいゴムフロートを購入し後はマイナスドライバーさえあれば、比較的簡単に直すことができます。

またゴムフロートが鎖と絡まってしまい、水のトラブルが発生するケースもあります。このようなケースでは鎖をほどくだけで、水の漏れを改善することが可能です。ボールタップの場合、マイナスドライバーの他にモンキーレンチといった工具も必要です。もし、自分で直すのが難しいと感じた時や、工具や新しい部品を買いに行く時間がないという場合は、トイレの水漏れ修理を得意とする業者に相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *