トイレでのつまりのトラブル対処法

前提としてトイレのつまりのトラブルが起こったとき、そのまま放置はしてはいけません。

何故ならつまりが治るどころか逆に酷くなる可能性もあるからです。ではトイレのつまりのトラブル解決方法ですが、1つ目としてトラブルが起こった際、覚えておけばすぐに出来ることは「止水栓」を閉めることです。止水栓を閉めるとタンクから便器に水が送られないので、トイレつまりの被害を防ぐことができます。またここで、もう一つ覚えておきたいのはトイレにウォシュレットが付いている場合はウォシュレット用の止水栓と間違えないようにすることと、何度もタンクレバーというものを動かさないようにしましょう。

2つ目はトイレに物を落としてつまった場合は、最初にバケツなどの多く水を入れることが可能な容器に水を入れて、その容器の中に大量にある水を勢いよくトイレに流してみましょう。業者を呼ばなくても解決する可能性があります。しかし水は水でもお湯はNGです。何故なら熱いお湯だと便器本体はもちろん、接続部分も破損する可能性があるからです。

どうしてもお湯を使って、つまりを解決したい場合は40度から60度のお湯を使いましょう。3つ目もトイレに物を落としてつまった場合ですが、ホームセンターなどに売られているトイレのトラブル用に販売されている薬品を使うのも1つの手です。この販売されている薬品は殆ど、「強アルカリ性」なので使う際はゴム手袋をしたり、説明書をしっかり読んで使いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *