トイレつまりなどのトラブル対処法

築年年数が長い古いマンションやアパートなどで生活をしている方の多くは、自宅に設置されている便器の種類も古い傾向にあります。

そうなると普段から気をつけて使っていてもトイレの水が流れにくかったり、つまりなどのトラブルが起こる機会が多いという声も少なくありません。トイレつまりは生活する上で非常に困る状態なので、早めに水道業者などに相談をして対処をしてもらう方法もありますが、トイレ自体がつまりやすく頻繁にトラブルが起こるようなら、自分で対処出来るように処置方法を身に着けておくことも重要です。

そもそもトイレつまりが起こる原因には、水流の圧力不足や異物の紛れ込み、トイレットペーパーが挙げられます。特に多いとされるのがトイレットペーパーによるつまりで、水に溶ける素材と言っても一度に大量に流してしまうことが影響します。特に最近では海外製のトイレットペーパーを使用するご家庭もあり、海外製の粗悪品は水に溶けにくいことがあるので分けて流すなど使用には十分に注意する必要があります。

もしトイレットペーパーが原因でトラブルが起こっているなら、水に溶ける素材なので少し時間を置いておき再度水を流せば問題なく流れていく場合があります。もっと短時間で解決したいなら、バケツの水やぬるま湯を便器に流し込むのも一つの方法です。もし水が溢れそうで水を流すことが出来ないという場合には、ホームセンターなどで販売されているラバーカップを用意しておくと、つまっている部分の流れを改善することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *