トイレトラブルのつまり解消法

一度にたくさんのトイレットペーパーを流すのは禁物です。

というのは、スムーズに水が流れていかないことがあるからです。特に、大きな便がトイレの排水口を塞いでしまっているときに大量のトイレットペーパーを流すと、つまる恐れが高くなります。また、節水タイプのトイレやペットボトルをタンクの中に入れて節水している場合は、通常のタンクに比べてつまりやすいので注意が必要です。トイレがつまると水が溢れそうになりますが、ぎりぎりのところでストップし溢れ出てくることはありません。

一瞬ひやりとするかもしれませんが、完全に排水される前にもう一度流さない限り大丈夫です。このようなトイレのつまりトラブルは慌てることはありません。トイレットペーパーは自然に溶けていくので少しずつ流れていきます。便が塞いでしまっている場合は、押し流すしかありません。また、大きな便が流れを塞いでいるのでなければ、ラバーカップで水をかき回すと簡単につまりトラブルが解消することが多いです。

ラバーカップはホームセンターに行けば売っています。大小2種類があるので、サイズを間違えないようにすることが大切です。ちなみに100均でも購入可能ですが、ゴムの柔軟性にやや難がある場合が多いようです。ただ、そう何度もお世話になる物ではないので、使い捨て感覚で100均のラバーカップを利用するのも手かもしれません。トイレのトラブルは、意外と自分で解決できるものも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *