水漏れとつまりのトラブル解消について

水回りのトラブルと言えば、代表的なものが「水漏れ」と「つまり」です。

キッチンの場合では、ハンドルをしっかり締めても蛇口から水が垂れたり、排水管から嫌な臭いがしたり、流れがスムーズではなかったりといった状態になります。また、トイレでは温水洗浄便座の下側から水が漏れていたり、水を流しても勢いがなかったり、変な音がしたりといったことが起こります。実際のところ、水漏れとつまりが発生したからと言って、必ずしもプロの修理スタッフに来てもらわなければならないというわけではありません。自力で解決できるケースも多く、費用を安く抑えることができる場合もあります。

自力で解決できるのは、蛇口の水漏れの場合では、部品や配管のつなぎ目にある劣化したパッキンを交換するといったものです。パッキンの大きさや形を間違えずに購入できれば、一般的な工具で簡単に交換できるため数百円程度で修理ができます。また、キッチンのつまりは、市販品でぬめりを落とす薬剤も売られていますので比較的対処しやすいです。ところが、トイレの場合は自力での解決が若干難しいと言えます。

水漏れが起こる箇所は温水洗浄便座が多いのですが、タンクや配管の場合もありますし、狭い空間のうえ奥になると暗いため作業が大変難しいです。また、温水洗浄便座は電化製品なので、扱いには十分な注意が必要です。そして、トイレのつまりの場合、ラバーカップで解決しないものは下水管に近い場所でつまっていることもあるため、手元にある道具では解消されないこともあります。プロの修理スタッフに来てもらい、速やかに直してもらう方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *