水漏れやつまりはプロに連絡する前!

水道の蛇口のトラブルには水漏れやつまりといったものがありますが、日常生活を送るに当たって欠かすことが出来ないのが水なので、一刻も早く修理をする必要があります。

専門の業者に依頼すれば、あっという間に修理をしてくれるかもしれませんが、当然のことながら費用が掛かります。実は水漏れやつまりは、原因によっては業者に依頼するまでもなく自分で直すことが出来るということをご存知でしょうか。例えば、水漏れの原因のひとつに排水トラップのパッキンが劣化したことによるものや、ナットが緩んでいたため水が漏れてきたということがあります。

ゴムが劣化すれば、亀裂が入ったり緩んでしまったりしてそこから水が漏れ出すのは当然のこととも言えますが、この場合はゴムパッキンを新しい物に取り替えることでトラブルは解決します。また、ナットの緩みも自分で工具を使って締め直すことが可能です。排水口に水がつまって流れないといった際には、身近にあるもので改善出来るかどうかを試してみましょう。針金のハンガーをペンチで切って真っすぐにします。そして、細い針金をつまった排水口に入れてみてください。

つまりの原因が洗剤等のカスの結晶だったり髪の毛だったなら、針金で水の通り道を開けてあげることで水が流れるようになります。しかし、原因がはっきりとわからなかったり自分で修理をしてみたのに改善が見られないなどという際には、プロの手を借りた方が問題は早く解決するでしょう。原因はもっと深刻なところにある可能性が高いからです。自分で出来ることと手には負えないことを早く見極めることが、修理の費用の節約とトラブル解決に向けての近道となりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *