つまりを解消して水漏れを修理

水漏れの発生している原因がつまりにあるケースは少なくありません。

本来ならスムーズに流れるはずが、つまりによって流れがせき止められて水漏れにつながります。特に顕著なのが、流れが悪くなっている状態の時に勢い良く水を使った時です。流れていく量よりも貯まっていく量の方が多いので、必然的に漏れ出てしまいます。水漏れというと部品の故障やパッキンの劣化が真っ先に思い浮かびますが、つまりが関係している可能性もあるということを覚えておきましょう。

掃除の仕方ですが、キッチンを例にあげるとゴミ受けに溜まっている食材の切れ端やゴミを取り除くのが最初にやるべきことです。すぐに取り除ける大きなものを排除し、椀トラップは外して漂白剤等で綺麗にします。椀トラップを外すと排水溝の穴も見えますが、その先には何が詰まっているかは分かりません。水を流すだけでも解消されそうに思えますが、水では油汚れを溶かすことができませんので、お湯にするのが正解です。

お湯の温度ですが、油汚れを溶かすには60度程度が必要とされています。ですから、少し熱めの温度で流すことが大切です。油汚れを落とせたら、次に汚れを取り除くために洗剤を使います。洗剤は市販されているもので構いませんが、重曹があれば重曹でも代用できます。商品に記載されている放置時間をしっかりと守り、規定時間が経過したら多めのお湯で流すことで完了です。処理自体はとても簡単であり、放置時間の方が長いくらいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *