トイレの便器つまりや各種の水漏れへの対応

トイレで便器のつまりが発生して、困った経験のある方もいるはずです。水を流してもなかなか排水できない、排水口からゴボゴボといった異音が聞こえる、突然逆流して便器から汚水があふれ出した等、様々なトラブルが報告されています。便器のつまりには幾つもの原因がありますが、最もオーソドックスなものがトイレットペーパーの過剰使用です。一挙に大量に使用すると、水溶性の紙類であっても排水口内で溶け残り、つまりを引き起こすことになります。

症状が軽度であれば、一般家庭にある市販のラバーカップを使って、解消することが可能です。しかし重度の症状では、ローポンプやハイスパットといった、特殊な機材が必要になることもあります。この場合には、地域の水道修理会社へ依頼をしましょう。つまりの原因には、非水溶性のオムツや布類のハンカチ、あるいはボールペンやイヤリングといった固形物など、水に溶けないものもあります。

この場合にはラバーカップ等で無理に押し流そうとするのが禁物です。さらに排水口の奥で挟まって、ますます症状が悪化することになるからです。手が届く範囲であれば、ゴム手袋などをしてから直接取り出すことができます。しかし排水口の奥であれば、便器を取り外してから、取り出す必要があります。

大がかりな作業になることが予想されるので、地域の水道修理会社へ連絡すべきでしょう。トイレでは水漏れによるトラブルもよく発生します。タンクとつながる給水管から水漏れするなら、接続部のナットのゆるみや、パッキンの劣化が疑われます。ナットの締め直しやパッキンの交換であれば、素人の方でも容易です。

ただし便器やタンクのヒビ割れ等が原因で水漏れしているなら、本体ごと交換しなければなりません。この場合には専門メーカーや水道修理会社へ相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *