トイレのつまりや漏れは専門業者に相談をしましょう

トイレでのトラブルで多いのが、つまりや漏れです。症状が軽度でも、放置していると悪化することがあるので専門業者に相談をして修理を依頼しましょう。水のトラブルの中では特に水漏れはそのままにしていると、床が水浸しになったり階下にまで浸水する場合があるため注意が必要です。万が一の事態に備え、止水栓の場所を確認して水が止まらなくなったら応急処置として止水栓を閉めることをおすすめします。

トイレの水漏れは様々な原因がありますが、多いのがタンク内の異常です。パッキンやボールタップなどが破損、劣化していると水が漏れるのでメンテナンスは必ず行うようにしましょう。タンクの耐用年数は平均で10年程度とされており、長く使用をしている場合は故障しやすい状態になっていると考えられます。10年以上継続して使用している場合、部品の製造が終わっていて交換不可の場合もありますので、その場合は修理をする際は本体を交換しなければなりません。

トイレのつまりは、トイレットペーパーを大量に流すことが主な原因として挙げられますがほかにも雑誌をちぎって流したり、ボールペンなどの固形物を流すとつまりを引き起こします。ほかにも、油分が含まれた食べ物を流すと排水管に油が付着して固まりつまりが発生しやすくなるので気を付けましょう。トイレの修理は自分で行うと、ケガをしたり症状が悪化する可能性もあるので修理の経験が豊富な専門業者に任せた方が安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *