トイレのつまりや水漏れの原因と対応

トイレのつまりで困った経験のある方もいることでしょう。便器の水がなかなか流れない、排水口からゴボゴボといった異音が聞こえる、排水口が突然逆流して便器から汚水があふれ出しそうになった等、このような症状が出たら要注意。既に排水口に何かがつまっている症状かもしれません。そもそもトイレのつまりには幾つかの原因が考えられます。

最もよく知られているのが、トイレットペーパーの過剰使用でしょう。水溶性の紙類でも一度に大量に使用すれば、排水口内で溶け残り、つまりを引き起こすことになります。この場合には、まず市販のラバーカップ等を使って解消を試みます。それでも無理なようであれば、地域の水道修理会社へ連絡しましょう。

ローポンプやハイスパットなどの特殊な機材を使用し、便器に圧力をかけながら修理します。つまりの原因で厄介なのが、水に溶けない異物です。オムツやハンカチといった非水溶性の紙類や布類、ボールペンやスマートフォンのような固形物がこれに該当します。この場合の修理では、ラバーカップやローポンプ等で無理矢理に押し流すことはできません。

さらに排水管の奥で挟まってしまい、ますます症状が悪化するためです。したがって便器を取り外した上で、それらの異物を直接取り出すことになります。この作業は大がかりになるので、やはり水道修理会社へ依頼するのがベストでしょう。トイレでは便器やタンクからの水漏れもよく発生します。

床や壁の隙間から漏れ出すならば、便器かタンクのヒビ割れ、あるいは便器につながる排水管の破損を疑うべきでしょう。ケースによっては便器やタンクを丸ごと交換する必要もあります。トイレの水漏れで実績がある水道修理会社へ、速やかに連絡してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *